読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だむだむ。ふりーだむ。

型にとらわれず自由に何か書いていきます

よくある話かも

ある日

一羽の鳥がいました。

 

その鳥は

すごくすごく親切な

おじいさんと

おばあさんに飼われていました。

 

決まった時間に鳥かごの掃除があり

また、

決まった時間にご飯を与えてもらい

またまた、

決まった時間に遊んでもらいました。

 

鳥はなに不自由なく暮らしていました。

 

そんな鳥はある日

窓を見て強く思うのです。

 

一度でもあの

大きな空を

綺麗な空を

自由な空を

飛んでみたいと…。

 

その次の日も

またその次の日も

鳥はなに不自由なく

暮らしましたとさ…。

 

 

おしまい。