だむだむ。ふりーだむ。

型にとらわれず自由に何か書いていきます

よくおもうんだ

 

今を生きてて
たまに振り返る
時には
背伸びをして
壁の向こう側を覗いてみたり
する

そんな時にさ
苦しい事があったことを思い出す。
幸せな想い出よりも

ましてや
壁の向こう側をみてる時なんて
あと何回
苦しい想いをするんだろって、、

気持ちい時には
苦しさは見えなくて

苦しい時は
気持ちいがみえない

ふーしーぎ。

いやらしさすらもあじとなる

まじまじと
迫り来る
君と僕との差

なんで隠すの?
もうわかってるってこったい

そこのいやらしさを
突きつけてよ
みせつけてよ

なんで隠すの?

君が大人だから?
僕が子供だから?

変に隠されるよりさ
思いっきり突きつけられたほうが
受け入れられるのにさ

拷問よりも尋問よりも
つらいつらい

それがいわゆる
大人ってやつですか?
世の言う
大人ってやつですか?
僕は
子供ってことですか?

本当は
自分が傷つくのがやなんでしょ?
素直になってしまいなよ。
僕からの反撃だよ
拷問と尋問だよ

どーなの?
どーなの?

大人ぶりたいの?
綺麗でいたいの?
自分に素直になるのが怖いのかい?
世のレールに乗るのが安心だって?

馬鹿言ってんじゃないよ

辛いんでしょ?
きついんでしょ?
本当はそんな強くないんでしょ?

言っちゃいなよ
言っちゃいなよ
認めちゃいないよ。

君も僕も
あいつもそいつも
どいつもこいつも
人間
人間
人間
人間

強くなんかなくて
寧ろ
強い風が吹いたら
倒れちゃいそうで

そんなんなのに
一丁前に
綺麗でいたくて
カッコつけたくて
認めて欲しくて
自分の存在を感じて欲しくて

誰かのためになりたくて
そうやって
こうやって
生きているのです。

誰しも
そうとしか
生きられないのです。

ですから
人間なのです。


あーそんな僕も
人間
人間。

もう今から沢山の物語に触れろ

 


結論からいうと、

物語を沢山仕入れ
自分の中にベースをつくれば
そこから自分のなりたい像が
出来上がるぜ

って話です。


何に繋がるのか…

人って自分のなりたい像を
追いかけて
追いかけて
生きていくものだと
思ってます。

なので、
やりたい事がみつからない
好きな事がわからない

のなら、
沢山の物語に触れて
ベースをつくれば
そこから
ポツポツと
自分の好きな像が出来上がってる。

けど、
そのヒーローや
ヒロインはなにか足りない。

そう思うそこから
自分の個性がでてくるものだと。


ジャンプで出てくるヒーローは
むちゃくそかっこいい
そこで道徳を学び
それを自分の正義として
普段の
行動とか
言動とか
になってくるんじゃね?

という。
事を思いついたのです。


1人の先輩に憧れ
そこを追いかけてても
その先輩みたいになれない自分に
嫌気がさし、
自信をなくして
自己嫌悪に陥るのはもったいなくて。


100人のヒーローやヒロインに
憧れて
こいつ寝坊するけど
ある場面かっけー

こいつ不真面目だけど
むちゃくそ強い
とか

人生においての
サンプルが増えるのです。


物語に憧れて
勘違いをして
その勘違いから
何かが生まれてきたんじゃねーかと。


そこが人の心に響き
その人の正義になるんじゃねーかと。


その人それぞれの
正義が個性なんじゃねーかと。


思うのです。


だから
沢山の物語に出逢い

沢山の教えを受けて
自分なりに取捨選択をして
削ぎ落として削ぎ落として
残ったものが個性になるので、

沢山の物語に触れて
自分に酔いしれてください。


人生はおもろいです!!!

 

決断をする人の心情こんな感じかな

僕の最近。。。


今の現状が
歪んでいる。
湾曲している。

 

日々は素早く
過ぎ去っていくんだけど
所々はスローモーションでさ

 

右も左も暗くて見えない


かといって
前も見えなくて


僕には後ろしか見えない
今まで歩んだ
道しか見えない

 

けどさ、
前や右や左にさ、
僕の中に湧き出た
一瞬輝く景色があってさ

 

それが本物だって
確認したくて、
冒険心をくすぐられてるわけ。

 

いやさ、
あんたに説明できてたら
してるわ


中々言葉が見つからなくて
表現できないのよ

 

そりゃ
おかしなやつだって

思われるだろうけどさ

 

相手は自分の表面しかみれないから

 

行動しかみれないから

 

あいつ
どーした?
ってなるんだよな。

 

けどさ、
元々


僕は僕であるし
表面的にでてきたのは
ここ最近なのだけれど


内面的には
5年や10年前とかから
こんな感じよ

 

分かってもらえないと
思うけどさ

 

僕はなんら変わっちゃいない
いつも変わるのは

 

僕に対する周りの見方


今までも
僕自身が
正しいと思う事をしてきたし
今もそれをしてるだけさ


最近変わったなぁあいつ
なんて言葉は
どこか寂しくて

本当は何も変わっちゃいない事を
そばにいてくれる人は
気づいてくれる


例えてみるなら
たまにあった親戚の子
みたいなやつ

ついこの間までは小学生で
たまにあった今日はもう中学生で

みたいなやつよ


つい最近まで小学生だった
張本人は
何も変わらず
その時その時を
生きてて


たまに会った
おじちゃんおばちゃんに
大きくなったね〜って言われる
それ


僕自身は変わっていなくて
今ある現状でもがいてて
ジタバタしてるの

 

周りの支えはありがたいのだけれど
そんな僕が何かを起こさないと
何も変わらん

 

囃し立ててくれるのは
嬉しいけど

 

そういう人達も
やっぱり自分の人生
生きてるわけで

 

囃し立ててくれた1時間後は
もう僕のことは忘れている

 

そんなもんよな


そんな僕も
今自分の事を考えているのだもの。

 

だから
僕はジタバタして
何かを起こすの

 

一瞬見た光が
本物かどうかを
確かめるために

問題の答えは 出題者によって すでに決められているの話

 


はい!
どーも。


1週間
ブログあげてみようと
思い
あげてみました。
日々
思った事を
書き留めてあるのですが
何個か出せたので、
また溜まってきたら
だそうかな。。

 

はい。
それでは本題に入ります。


問題ってあるでしょ?
なんでもいい
国語でも
数学でも
なぞなぞでも
10回クイズ
みたいのでもなんでもいいや


それってさ、
もう答え決められてるのよ。


出題者が答えな訳。


なぞなぞにしよう。
例えば、、、

Q.
パンはパンでも
食べられないパンは?

A.
フライパン!!


まぁ正解ですよ。

 

けどさ、
この類なら
パンダ!とか
短パン!とか
ピーターパン!とか
全て正解でしょ?


けど
出題者は
フライパンが正解だと
決めて出題してくるから
フライパン以外は
不正解なわけ。


出題者が
頭の柔らかい人なら
海パン!!?
んー
それも正解!ってなって
面白くなるんだけど、
頭が固い人なら

はい、ちがーう。

となんか、
さも、わかってないな、
という感じで
不正解を突きつけられる。


問題ってそういうのあるよね。


分かった!
視点を変えてみよう。


会社に勤めていたとするじゃん?


A先輩が僕の直属の先輩なのよ。
このA先輩に仕事を教わるんだけど、
たまたま今日はA先輩休みで
B先輩に教わるわけよ。
B先輩に教えてもらって、
次の日、、、

A先輩の前で
B先輩に教えてもらった事をやる訳。

そしたら
A先輩は
違うでしょ?それ

と、言われてしまうの。


これもさっきの問題と一緒で
B先輩が良しとしたことも、
A先輩の中では無しなのよ。

だから
研修中の僕は
最初からA先輩の正解を
探さなきゃいけないの。

もう決められてるのね
答えは。


こういう場合どうなるとおもう?
って投げかけられた時
答えは本当はいくつもあるんだけど、

ここでの答えは
A先輩の正解なの。

だから最初に
A先輩の答えを教えてください。って
言うようにしてみたの。


どうせ
違うって言われて
こうだ!
ってレールに乗せられるなら
最初にそのレール
教えてくださいよ。って
思ったからさ。

 

細分化し過ぎかな?


でもね、
細分化って
自分を肯定するのに
大切だとおもうの。


仕事ができないにも
色々あるでしょ?


それを1つずつみていくとね
案外ちゃんとやっていたりするの。


仕事ができないんじゃなくて、
A先輩との意見の相違だったわ。
みたいなことがある訳。


だから
自分を否定し過ぎないで
客観視するのは大事だと思うけど
みんな一生懸命生きてるから
自分を否定し過ぎない方が
良いと思う。


だから
仕事や遊びで
問題を出してくる人がいたら
相手が何を求めるかを
見つけてしまった方が早いかもね


創造性を豊かにする面では
あれやこれや
出すのも抜群にいいよね!


だけど、
今回言いたかったのは
問題の答えは
すでに決められてるってこと!!!


国語の分野なら
答え合わせをするのは
先生だから
突拍子も無い
道徳観溢れた内容に
プラスαで加点してくれるかもだけど

仕事になると
皆余裕がないことがほとんどだから
そこでA先輩の正解を当てないと
怒られるかもしれないからさ!
そこで言われても、
きにすんな!って思う!


僕の場合は
今お世話になってる先輩に
めちゃめちゃ恵まれてるので
今んとこ
ないけどさ!
そんな職場ばかりでないと思うしさ!


長々と色々書きましたが、

まぁ
仕事をしていたり
遊びをしていたり
するうちに
こう言う事を
思いました。

はい。


おしまい。

 

ゴミ捨て場のクマ

 

へいyo
そこのサラリーマン
暗い顔して
どーしたべいべー

へいyo
そこの学生
なんでそんな
落ち込んでるんだい?

今しかない
今なんだ
そんな
今を生きなくて
どーすんだ。

僕はゴミ捨て場のクマ
少し調子にのると
そこでできた目の下のクマ


僕はね

生きたくても生きられないの

息したくても息できないの

そんなしょぼくれんなべいべー

友達にいじめられたって?
ひるむことはないぜ?
悪いことしてないだろ?
胸をはって歩いてみ?
そんなやつらは
無視をして

君は君のために生きればいいよ


さ、さ、さ、さ、サラリーマン
今日の仕事が嫌だって?

そんなの辞めてしまえばいいよ

重い腰をあげてほら
前を向いてみよう
後は嫌なほど確認したでしょ?
前を向いて前に倒れこむの
そしたら
自然と一歩がでるよ

大丈夫

今の景色よりは
綺麗な景色が君を待ってる。

保証するよ。


僕はゴミ捨て場のクマ

そんな君達を僕は見守ることしかできないよ。
だから
生きたくても生きれないから

生きれてるだけ幸せなのかもよ?

僕はゴミ捨て場のクマ

今を生きたい。

お金に対する不安の話

 

お金がなくては不安。

たしかに。

お金がないと幸せになれない。

たしかに。

お金がないから何もできない。

たしかに。


たしかに、
お金はないよりあった方が
良いと思います。


けど、
お金の不安って
結構明確にしていかないと、
闇の中を走る感じだから
怖いんだよなきっと。


そうそう
僕の実体験を踏まえて話すと、


僕が普段生活していて、
その当時は
何も考えていなかったので、
闇雲に働き
毎日何かしらの出費をして
大体月末になると
金ね〜な〜
ってなり、
仕事辞めらんね〜ってなり、
負のスパイラルに
陥っていた事がありました。

この感じを
闇の中を走るイメージと
例えました。


何が言いたいかというと、
可視化してけば
案外お金も
怖くないな
っていうのが本音です。


毎月の収支を明確にするだけでも
案外はっきり見えてきますよね。

あと、
お金なくてできないのは
お金借りてやっちゃうか
そもそも
お金なくても出来ることから
はじめてればいいとおもう。


もう、
ごく当たり前の事を言ってるな笑笑


あと、
この話に付随して
付け加えるならば!!


まー
結局こういう話に
戻ってしまうんだけど


やりたい事
やれてたら
割と幸せ

って話です。


世の中には
イメージがつきまといます。

結婚
子供

みたいな
今これがあるのが当たり前
みたいなやつです。


そういうの
一回捨てちゃって
今自分の目の前にある
わくわくする事に
飛びつけば
楽しいです。


って割と思うんだけどな。
きっと伝わらないよな笑


そうなった時に、
自分の中で得意な分野が明確になり
それを極めてけば
それがその人の価値を見出してくのではないかと。。。


人はそこだでは
価値をはかれないけども!!

 

う〜〜ん


今さ
目の前にある
楽しい事
楽しそうな事
って
来年も再来年も
楽しいと思えてるかっていったら
別だと思うのね、、、

だから

まさに今
それをやるの

んで、
来年
来月
もう、明日にでも
わくわくする対象が
変わってくるから
そしたら
それに飛びつく
毎日
毎日
わくわくする対象が
徐々に変わってきて
それにひたすら飛びついてったら
毎日楽しくて

それが

今を生きる

だと思ってます。。

 

中々難しいよね笑
思いっきり振り切らないと


自分勝手って言葉があるけど
結局さ
自分は自分しかいなくて
自分以外に
自分を分かれる人はいないから
自分は自分勝手に
なるしかないのかな〜
それが一番の幸せなんだろな〜
って思うよな。

自分勝手故の
自分の幸せが
いつの日か
他人の幸せに
繋がる派の考えでございます。

 

なので
今興味のある事に飛びついて
日々わくわくする事に飛びついて
なるべくストレスのかかる事はやらずに
今を生きたら
お金なくても幸せになれると
おもう。

 

1つの意見でございました。